利用方法

VNETユーザの登録

VNETを利用する場合は,ユーザ代表者がVNET登録画面より,VNETユーザ名とパスワードを登録してください.
登録したVNETユーザ名は,VNET IDの一部(サブドメイン名)として以後利用されます.
VNETユーザ名が重複した場合はその旨表示されるので別のVNETユーザ名を指定してください.

VNET IDと通信グループの定義

VNETユーザがエンドユーザのVNET IDと通信グループを定義することができます.
VNETユーザごとに異なる独立したネットワークが構築されます.
他のVNETユーザのネットワークと干渉する心配はありません.
・VNETユーザはページ最下部のLoginをクリックしてログイン画面にアクセスしてください.
・ログイン画面からVNETユーザ名,パスワードを入力してログインしてください.
・管理者画面から,エンドユーザが利用する通信デバイスのVNET ID,パスワード,通信グループ名を登録し,通信グループの定義を行います.
・VNETユーザはエンドユーザにVNET IDと初期パスワードを通知します.

VNETプラスのインストールと起動

・エンドユーザはVNETダウンロードサイトから対応したOSのVNETアプリケーションをダウンロードし通信デバイスにインストールします.
・インストールが完了するとアイコンが表示されるので,クリックして起動します.
・表示された画面にAS名,VNET ID,パスワードを入力します.
・エンドユーザは次回以降自分のパスワードで入力できるようにパスワードを変更します.
・ログインボタンを押下することによりユーザ認証が行われ,通信準備が完了します.
・相手の通信デバイスも同様にして立ち上げます.

以上でVNETプラスの準備が完了です.
LAN内通信と同じ要領で通信を試みてください.
クライアントからWebサーバをアクセスする場合,
クライアントブラウザのURL欄のサーバ名の部分をVNET IDで置き換えるだけです.
VNET ユーザが定義した通信グループが同一でないと相互に通信することはできないので注意してください.
津信相手が同一LAN上であっても,インターネット越しの遠隔地であっても,全く同じ要領で通信できます.
また,通信中にネットワークを切り替えても通信が継続されます.
セキュリティは万全なので安心して利用できます.
新パスワード生成時に乱数の生成を指示すると,VNET IDとデバイスを紐づけることができます.
ひとたび紐づけると,他のデバイスからログインできなくなるので注意してください.

VNETアダプタの利用方法

VNETアダプタはVNETプラスを実装できない装置の横に設置してVNETプラス機能を代行します.
VNETアダプタにも固有のVNET IDが与えられます.
VNETアダプタの設置方法は,上位ネットワークと一般通信デバイスの間に直列に接続する方法(図の左側)と,
現状のネットワークと並列に接続する方法(図の右側)があります.
クライアント端末のように通信を開始する装置は直列接続とします.
サーバのように通信を待ち受けする装置は並列接続が適しています.
並列接続の場合,アプリケーションサーバから見ると,VNETアダプタは同一LAN内のクライアント端末と同じに見えます.
VNETアダプタには,4台までアプリケーションサーバを登録できます.

VNETユーザの留意事項

エンド通信デバイスのVNET ID,および最初のパスワードはVNETユーザ(サブドメインを登録した人)が決め,エンドユーザに連絡します.
定義通りの通信しかできないので慎重に通信グループを定義する必要があります.
通信デバイスは最低1つ以上の通信グループに属する必要があります.

エンドユーザの留意事項

最初の立ち上げ時に管理者から与えられたVNET IDとパスワードを入力します.
ログインが成功したら自分用のパスワードに設定を変更します.